一般用医薬品

薬剤師

一般用医薬品とはインターネットなどの孤児輸入代行サイトでも購入することも可能な医薬品で、1類、2類、3類と別れており、副作用などのリスクが比較的高いとされるものから1類からとなり薬剤師との書面での確認が必要となります。

第2類、第3類は登録販売者からでも購入することは可能ですが、書面での情報を行うこともあります。

ED治療薬はこの一般医薬品に該当するものではないため薬局の棚には並んでおりません。

また、別ページで紹介したED治療薬サプリメントは医薬部外品となるものがほとんどですが、一部一般医薬品のものも存在します。

2014年に新設された要指導医薬品は使い方御誤ると重大事故を引き起こす可能性のある劇薬や副作用のリスクが明確に研究されていないものなどが存在しており、インターネットでは販売することができない一般用医薬品となります。

処方箋医薬品

処方箋とは医療機関で医師診断によって処方される医薬品で、薬剤師によって調剤される医薬品です。

そのため一般用医薬品のように薬局やドラッグストアの棚などには並んではいません。

厚生労働省が認可した指定医薬品となっており、基本的には保険適用になるものがほとんどですが、ED治療薬などは怪我や病気などとは違い保険適応外で全て自己負担となってしまい、自由診療となるので薬剤や治療費は病院や処方箋薬局ごとに異なります。

そのため金額が病院や処方箋薬局ごとまちまちなので注意が必要です。

海外医薬品

海外医薬品は日本の医薬品とは違う基準となっているものが多く、海外では認可されている医薬品でも日本では医薬品に認可されていないものや、海外ではサプリメントでも日本では医薬品に分類されているものなど基準が異なっております。

しかし、そんな医薬品ですが、自分自身で使用する目的であれば個人輸入することが可能です。

自己使用の場合でも使用量などが制限されており、医薬品の種類によって異なりますが、処方箋医薬品の場合は1か月以内分となります。

また、輸入した医薬品を家族や友人に譲渡したり販売するなど他人を介した場合は違法となります。

輸入方法としては海外サイトよりも日本の個人輸入代理サイトを使用することで通販感覚で購入できます。

海外品を個人輸入する場合は全て自己責任となりますので、安心・安全なサイトだけでなく、適切な使用方法を守るようにし、不安な場合は必ず医師に相談をするようにしましょう。