日本で未認可の海外EDジェネリック

ジェネリック医薬品(後発)とは新薬(先発)の独占特許が切れた後に、別の製薬販売会社がまったく同じ成分、容量で開発した医薬品です。

また開発までのコストがほとんどかからないため、薬剤を安く購入することができます。

患者さんの疾病の軽減だけでなく、経済的な負担も軽減できるため近年使用数も増え、ジェネリック医薬品を専門に製造する製薬会社も存在します。

世界ではジェネリック医薬品のページでも紹介したように他のED治療薬のジェネリック医薬品も存在しております。

また、日本で認可されているバイアグラの有効成分の含量は「25㎎」「50㎎」となっておりますが、世界では「100㎎」まで認可されておりバイアグラジェネリックも「100㎎」まで存在しております。

世界のEDジェネリックの特長

世界のED治療薬の特長は製造方法と有効成分の含量の違いに特徴があります。

製造方法の違いではインドの製薬会社「アジャンタファーマ社」が製造するED治療薬のジェネリック医薬品には特長があります。

一番有名なものではバイアグラジェネリックである「カマグラ」はシリーズ化されており、水に溶かして服用する発砲タイプのもの、水なしで服用できるトローチタイプやゼリー状のものがあります。

全てフルーツ味となっているため服用もしやすく、体内吸収も早いことから即効性が高いのも特徴です。

ダラム社が製造する「シルダリスト」はバイアグラの有効成分とシアリスの有効成分を合成させたものとなります。

バイアグラの即効性とシアリスの持続力を合わせた最強のED治療薬とも言われております。

海外製のED治療薬は日本で認可されているED治療薬よりも含量は多いものが多いです。

バイアグラでも100㎎が主流となっており、レビトラやシアリスも20㎎以上のものも存在しております。

含量が多いほど強作用しますが、副作用も強く作用しますので、錠剤を割るなどして調整するようにしましょう。

錠剤を割ることでコストパフォーマンスも上がりますので、あえて含量を高いものを割って使用する方も多いです。

日本未認可の有効成分

日本で認可されているED治療薬の有効成分は3種類ですが、世界では第4のED治療薬も製造・販売されております。

新薬の薬剤名は「ステンドラ」というお薬でアメリカヴィヴス社が2012年に発売を開始しました。

有効成分はアバナフィルという物質で含量の種類は「50㎎」「100㎎」「200㎎」となっております。

もともとこの有効成分を開発したのは日本の田辺三菱製薬社でしたが、開発・販売権を譲渡したためヴィヴス社からの発売となりました。

特長は「PDE5阻害薬」となるため、他のED治療薬と作用機序は同じとなります。

即効性はレビトラより少し上回り20分ほどで効果を発揮し始めます。

食事の影響は受けないとのことですが空腹時のほうが良いとのことです。

副作用も少ないとのことですが、併用禁忌薬がレビトラよりも多いため、強く作用する可能性もあるED治療薬となります。