日本で認可されているのは3種類

バイアグラ、レビトラ、シアリスは有効成分はそれぞれ違いますが、どれもPDE5阻害薬となぜ勃起につながるかというメカニズムは一緒です。

勃起抑制してしまう酵素PDE5を阻害させることで陰部周辺の血管を拡張させ血流を促進し勃起を促します。

またED治療薬を服用したからといって効果が続く限り常に勃起しているわけではりません。

あくまで性的刺激を受けることで勃起しますので、作用効果中でも性的刺激が収まれば勃起も収まりますので安心してください。

このように、ED治療薬の作用機序は全て同じですが、実際の効果時間などは違うため、自分にあったED治療薬を使用することが重要となります。

「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」などの治療薬にはそれぞれどういった特徴があるのか比較していきます。

一番に認知度のバイアグラ

バイアグラ

ED治療薬全てを知らなくても、バイアグラの名前はどこかで聞いてEDを改善する医薬品と知っている人も多いのではないでしょうか。

バイアグラは日本で一番最初に正式に許可されたED治療薬です。

服用することで20分~1時間ほどで勃起をサポートする効果が現れ、興奮や刺激がその時にあればスムーズに勃起を促進します。

効果持続時間は約6時間ほどで、後半に行くにつれ徐々に効果が薄れていきます。

日本で認可されているものは「25㎎」「50㎎」となっており、日本製のジェネリックも同じとなっております。

しかし、世界で認可されているのは「100㎎」までとなっており、100㎎はより作用効果が強く、持続時間も10時間ほどとなります。

バイアグラは空腹でないと効果が半減してしまう弱点があるため、外出時に使用するにはタイミングが難しいかもしれません。

バイアグラの主な成分はシルデナフィルとなっており、シルデナフィルの成分の副作用でほとんどの人が顔のほてりなどを感じます。

バイアグラジェネリックとして有名なものが、日本製では東和薬品のOD錠、世界ではカマグラシリーズ、センフォース、ゼネグラ、ビゴラなどが有名です。

2番目に登場したレビトラ

レビトラ

レビトラは日本で正式に2番目のED治療薬として認可されました。

バイアグラの弱点であった「他の食べ物との消化が重なると、効果が薄れる」というのを軽減する目的で開発されました。

レビトラは食事の影響を受けにくくなるように開発されており、得にあっさりとした食事であれば空腹でなくても最大効果を発揮しやすいのが特徴です。

服用後30分ほどで効果を発揮し、5時間~10時間ほど作用効果が持続します。

「5㎎」「10㎎」「20㎎」が認可されており、数字が大きいほうが作用効果が強くなります。

日本で認可されているED治療薬の中ではレビトラ「20㎎」が一番強力なED治療薬とされており、またさ早漏改善効果もあるとされているため最後のED治療薬と言われております。

世界シェアNO,1シアリス

シアリス

日本で最後に認可されたED治療薬のシアリス。

シアリスは他のED治療薬とは違い、さらに副作用が軽減されており、効果時間が長いのが特徴ですが、勃起効果はマイルドと評価されており、勃起量効果は必要最低限といった感じです。

しかし十分な勃起は得られるため、EDの治療として服用されるのでしたらオススメです。

服用後、効果が現れるまでに最低でも1時間ほどかかるため、バイアグラやレビトラの特徴のような即効性はないのですが作用時間が最長36時間と長いため、事前に服用することができ外出時にも使用しやすいです。

副作用も抑えられているため初めてED治療する方や高齢者の方には服用しやすいED治療薬となっております。

シアリスジェネリックで有名なものがタダシップ、タダリス、タドラなどが有名です。